第1回 東山道を歩く

 

l  初日 上田駅集合→マイクロバス→文化会館:総務課長 島形和宏さん、上原博信さん御出席の下、歴史にご造詣の深い、沓掛貞人さんより東山道の概要を教えて頂きました。

東山道は「近江-飛騨-美濃-信濃-上野-下野-陸奥-出羽の八国を結ぶ主要道路」で、「道幅は両側の側溝を含め十二メートル」もあった、「都の情報、文化等が盛んに青木村にも流入」等の説明を聞いて認識を新たにした。→マイクロバス→一遍水近傍(豊かな湧水があり、旅人をはじめ馬などが飲んだ木樋がある)→散策開始→落葉のクッションで膝痛に優しい散策道を、「牧場の跡地」、「追分」、「せったい茶屋」等の説明を受け→保福寺峠:「万葉歌碑」、「ウェストンの日本アルプス絶賛の碑」をバックに記念写真→マイクロバス→富士屋ホテル:宮原毅青木村長さん、北村政夫観光協会会長さんを交え交歓、楽しい一時でした。

l  2日目 富士屋ホテル→マイクロバス→国宝「大宝寺三重塔」:ご住職から大宝寺の歴史説明をしていただく→徒歩→青木村郷土美術館→マイクロバス→道の駅青木:おみやげ、昼食→マイクロバス→上田駅:解散

l  アンケート結果:「来年も是非参加したい」という好評の旅でした。