第74回総会・青木村出身者の集い

期日:平成29年6月11日

場所:台東区上野2-14-30 パセラリゾーツ上野公園前店

出席:63名

1.物故者への黙祷

  前澤 久美氏

2.第74回総会

  平林 秀明会長から次の通り報告と提案があり、全議案とも承認されました。

(1)平成28年度活動報告

   ①第73回総会・集う会を6月19日に開催し、59名が参加しました。

   ②年度中に理事会を2回開催しました。

   ③第5回故郷を巡る旅を11月12日・13日に実施し、10名が参加しました。

   ④故郷の歴史同好会が年度中に4回開催されました。

   ⑤会計報告と会計監査報告が行われ承認されました。

(2)平成29年度活動計画

   ①第74回総会・集う会を6月11日に開催する。

   ②第6回故郷を巡る旅を実施する。

   ③青木村との絆を維持するために次の活動を実施する。

    ⅰ青木村出身の若者への世話活動

    ⅱ義民太鼓基金の充実

    ⅲ観光サポーターズ倶楽部への入会促進

    ⅳ青木村から要請のある催事等への参加

   ④同好会の活動を活発化する。

    ⅰ故郷の歴史同好会の継続

    ⅱ美術と美食同好会の発足

   ⑤100周年記念行事の検討

   ⑥収支予算計画の提案が行われ承認されました。

(3)役員の変更

   理事3名の重任と幹事2名の新任が承認されました。

   理事3名と監事2名が辞任しました。

   理事会が決定した新役員体制については、「役員」のページをご覧ください。

3.北村青木村村長の講話

  激務の合間を縫って数年ぶりに東京青木会に

  出席された北村政夫村長から、青木村の抱え

  る課題や、将来に向けての展望について講話

  いただきました。上田市と松本市を結ぶ143

  号線の青木峠に新トンネルを穿ち、松本市に

  30分余りで行ける日が来ること、保小中一

  貫教育を進め、教育効果を上げていることな

  ど、盛りだくさんのお話しを堪能しました。

  村歌「常盤の緑」を斉唱し、ここまで30分で総会はめでたく終了。

4.親睦会

  尾和 剛一前会長の乾杯で親睦会に突入!和やかな雰囲気が一気に高まりました。

 皆さん健啖家ぶりを発揮され、お酒も程よく回った頃、元流しで今料飲店経営者の会員

 橋詰幸夫さんが、かりんとかんちゃんを伴って登壇し見事な演奏を披露して喝采を浴びま

 した。

 その後新入会員5名の紹介、青木会の活動5項目の紹介へと進みました。

  ①故郷を巡る旅は、青木村の3峠を主に村内の見どころを巡ります。

  ②信州青木村観光サポーターズ倶楽部の入会促進は、今年も19名を獲得しました。

  ③義民太鼓基金は、平成30年までに20万円以上を積み立てます。

  ④益々好調な「故郷の歴史同好会」に加え、「美術と美食同好会」が本年発足します。

  ⑤青木村出身者の世話活動は、今年も会長・3副会長中心に取り組みます。

  中間のイベントが終わった後は、又歓談に戻り、皆さん各テーブルを回ってそれぞれに

  旧交を温めていました。

  最後に恒例の県歌「信濃の国」唱歌「ふるさと」を斉唱し、最高齢出席者丸山光繁氏の

  万歳三唱で幕を閉じましたが、同年代の友人同士で二次会に繰り出した面々も多かった

  ようです。皆さん来年も元気でお会いしましょう!